スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-) |
  • Comment(-) |
  • URL |
  • TOP↑

ウェディング広告のコーディネーションを担当させて頂きました。 

少し前の事ですが、都内ウェディングホールのHPリニューアルに伴い、ウェディングシーンの全コーディネーションを担当させて頂きました。

まず、会場の下見をして、各部屋ごとのテーマを決めプラニングしていきます。
このときは4部屋6パターンのご依頼。
フラワーデザインはもちろんのこと、クロスからナプキンの色、折り方、お皿の色やカトラリーまで、トータルでコーディネーションをし、
ご提案をします。
お花の制作は、会場と提携しているお花屋さんにデザインを出し、仕入れ可能なお花や、器など、細かいやりとりを重ねていきました。

広告の場合、ターゲット顧客にテーマがはっきりとわかるようにすることと、ウェブ映えする色使いがとても重要になってきます。この辺りは、かつて広告代理店に勤務していた時の経験が今でもとても役立っています。

撮影では1カット1カット、会場担当者、代理店、カメラマンと確認をしながらすすめていきます。
カメラマンはアンズフォトの安澤剛直さん
日本ウェディングフォトグラファーズ協会を設立し、アーティスティックなカットと商業カット両方をこなせる方。
お互いになんでも言い合えて、とても信頼しているカメラマンの一人です。

現場で皆で別世界を作り上げる楽しさは格別。
やはり撮影の仕事は大好きな仕事の一つです。

来週は岐阜のウェディングホールのロケです。スタッフで岐阜の美味しいものを頂くのも楽しみの一つ!
まだまだ細かいやりとりが続いている毎日ですが、がんばります!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。